管楽器歯科

もっと上手に、もっといい音を!
管楽器奏者の歯は、楽器の一部です。

管楽器は、マウスピースやリード部分に口唇を当てて息を吹き込んで音を出します。そのため、歯並びが悪いと、息が漏れて思うように音が出せないなどの問題が起こることがあります。また、口の周りの筋肉に負担がかかって疲れたり、しびれて感覚がなくなったり、口唇を傷つけてしまうこともあります。これは、管楽器奏者にとって深刻な悩みです。

プロ・アマを問わず、歯並びやお口周りのトラブルは、管楽器を演奏される方にとって大問題です。
歯を治したら全ての問題が解決するというわけではありませんが、歯科医の立場から管楽器奏者の悩みを改善するのが「管楽器歯科」です。

管楽器と歯の深い関係

例えば、出っ歯の方がトランペットを吹くと、空気が漏れて思うような音が出なかったり、唇を歯で傷つけてしまったりしますが、フルートでは問題なく音が出せます。
吹奏楽部で先生が指導されるような演奏姿勢がとれない、音が出ないなどお悩みがある方は、歯に問題があるケースが考えられます。

金管楽器

カップ型マウスピースの金管楽器は、唇を振動させて音を出します。前歯の歯列が不揃いだと、演奏しにくかったり唇の振動が均等にならずに思うような音が出なかったりします。

リード楽器

吹奏楽部の学生さんが、唇が傷つくのを防ぐために下前歯にテープを挟んで吹いている姿を見かけます。しかし、これでは下唇を柔らかく保ちながら出す、丸みのある美しい音が出せません。

フルート

楽器に直接触れる部分は下唇だけですが、空気の流れを作る下前歯の歯並びが大きく影響する楽器です。

管楽器演奏に特化した補助器具 「ミュージック・スプリント」

管楽器演奏のために矯正治療の相談に来られる方がいらっしゃいますが、矯正治療は歯の表面に器具を取り付けますので、治療中の数年間は思うような演奏が出来なくなります。もしも、吹奏楽部に所属する学生さんでしたら、学校生活の間ずっとその状態が続くことになるでしょう。

マウスピース矯正を検討される方も多いですが、マウスピースは歯と歯のすき間を埋めてしまって息が通りません。楽器の種類によっては、演奏ができなくなってしまいます。

歯並びが演奏の妨げになっている場合、管楽器演奏に特化したマウスピース【ミュージック・スプリント】を使用することによって、悩みを改善することができます。
「ミュージック・スプリント」は、管楽器演奏に特化して、歯の凸凹を埋めて空気の流れを作るための補助器具です。装着しても歯列矯正の効果はありません。

当院の院長も、現役でサックスを演奏する管楽器奏者です!

管楽器は、歯・唇・頬といったお口周り全部を使って音を出します。
トランペットやトロンボーンのような金管楽器、クラリネット・フルート・サクソフォン(サックス)のような木管楽器は、楽器の種類によってマウスピースやリードの形状が違います。
一般の歯医者さんでもマウスピースの作成は可能ですが、楽器の特性を知らない医師では、演奏に合ったマウスピースを作成するのは非常に難しいと思います。

当院では、歯の形状がどのように演奏の妨げになるのか、どのようなマウスピースで解決できるかなど、楽器の種類に応じたミュージック・スプリントの作成を行います。