子どもの矯正

お子様の歯列矯正は、将来の健康を守る治療です

小児矯正とは

お子様の歯列矯正は、負荷をかけて歯を動かす成人矯正とは治療の考え方も治療方法も異なります。
骨が成長する時期にあごの成長をコントロールして適正な歯並びを整える小児矯正は、永久歯が生えるための土台づくりという考え方の方がわかりやすいかもしれません。

小児矯正が必要な例として、乱ぐい歯、受け口、出っ歯のように、親御さんが見て明らかにわかる症状もありますが、将来的な成長過程までを専門的に診た時に、早期に矯正しなければならないケースもあります。
乳歯期の場合、「どうせ永久歯に生え変わるから」と、治療を先送りにしてしまう方がいらっしゃいますが、専門医は将来まで見据えた上で診断しています。
当院は小児矯正の他に、一般歯科診療も行っていますので、矯正専門医への相談までは…と迷われる方は、むし歯予防や定期検診を受ける際に、気軽にご相談ください。

年代別の治療法の違い

小児矯正は、治療を始める年齢によって治療法が異なります。

幼児期の歯列矯正

乳歯が正しく生えるか、または、永久歯に生え変わる時に予測できる問題を予防するための治療を行います。

小学生の歯列矯正

あごの成長をコントロールすることに重点を置いた治療を行います。永久歯がきちんと生え揃うようにあごを整えるサポートを行いますので、矯正治療を始めるのに最も適した時期だと言えます。

中高生の歯列矯正

あごの成長も終わり大人とほぼ同じ骨格になる年代で、矯正治療は成人矯正と同じ治療法となります。
学校生活への影響やお子様自身の意思なども尊重して、治療開始の時期を検討する必要があります。

いろいろな矯正装置

取り外しができない装置

ブラケット(スタンダード)

歯の表面に金属製のブラケットを装着してワイヤーを通して矯正する方法です。
矯正効果も高く、どのような症例にも対応できますが、金属の色が目立つため審美性に欠けます。

ブラケット(透明)

金属ブラケットの見た目に抵抗を感じる方は、こちらの透明ブラケットをおすすめします。
治療効果は金属ブラケットと同じですが、費用が金属製と比較して高くなります。

W型拡大装置

上あごの幅が狭い時や永久歯が生えるのに十分なスペースがない場合に、あごを広げる治療に使用します。

リンガルアーチ

内側に入り込んだ歯を押し出したり、歯を前後に移動させたりする時に使用します。

取り外しができる装置

アクチベーター

あごの位置を誘導して、受け口や出っ歯などの症状を改善します。

ムーシールド

就寝時に使用するマウスピース型の装置で、受け口の治療に用います。

T-アライナー

透明のマウスピースを装着して、段階的に歯を移動させます。

F,K,O:エフ・カー・オー

主に、上顎前突の改善に用います。基本的には、睡眠中に使用しますが、睡眠時間が短い場合には、夕食以降ですぐに装着して、使用時間を増やしてもらいます。

T4K:ティー・フォー・ケー

この装置を使用し、口腔筋の訓練をすることにより、歯と顎の位置の改善を行います。

リテイナー

移動が終わった歯が後戻りするのを防ぎ安定させるために装着します。
装着期間は個人差がありますが、2~3年が目安となります。

治療の流れ

相談

お子様の歯列について気になることや、矯正治療についてのご質問などありましたら、どんなことでもお尋ねください。

検査

レントゲン撮影、口腔内撮影、歯型の模型作成などを行います。

診断

検査の結果から、治療方法を提示いたします。
抜歯の必要性や治療期間、費用に関するご説明を行います。

治療開始

第1期

あごの成長を利用して、歯がきちんと生えてくるための治療を行います。
治療期間中は月1回くらいのペースで来院していただき、調整と経過観察を行います。
治療期間は1~2年ほどかかります。

第2期

1期治療が終了して経過観察後に、永久歯が生え揃った段階で2期の治療を開始します。
1期治療で十分な治療成果があれば、2期治療は必要ありません。

保定

歯の移動が終わったら、歯を安定させる保定を行います。